チームとプロジェクトとタスクとメンバーの関係

皆さんのお力をお借りしたいのですが、
チームとプロジェクトとタスクとメンバーの関係を整理したいのです。
イメージは、こんな感じです。
実際の挙動に合わせて表現を見直したいと思います。
image

関連はこちらです。
・組織とメンバー: 組織の管理 – Asana
・チームとメンバー:組織の管理 – Asana
・プロジェクトとメンバー:プロジェクトを理解する – Asana
・タスクとメンバー:タスクを理解する – Asana タスクを理解する – Asana

・組織とゲスト: 組織の管理 – Asana
・ゲスト:ゲストに関するよくある質問 – Asana
・限定アクセスメンバー:ワークスペースについて – Asana

・プロジェクトの権限:https://help.asana.com/hc/ja/articles/14108223663003-プロジェクトの権限

2 Likes

今日の気付き(エンタープライズ契約です)
・組織(ディビジョン)に属するチームAとは別に、ディビジョンから外したチームB(無料アカウント用)を作成
・チームBを開くと、「 Asana Premium にアップグレード」という表示が見える
__※Premiumの機能は使えないということか
___機能比較はこちら:Asana の料金 | Premium、Business、Enterprise 料金プラン • Asana
・チームBにプロジェクトCを作成
・プロジェクトCを開くと、タイムライン機能が使える
__※ということは、Basicプランではなく、Premiumプランの機能が使えるのか?

関連:社内ユーザーを無料アカウントのゲストとして招待したい - #2 by Ka_Nishiyama

追記:
1)「ディビジョンからチームを削除」しようとすると、次の警告が出ます。
image
2)現時点で、下記の様です。
_(1)ドメイン内(自分)
___◯:リスト、タイムライン、開始日、依存関係、ゴール、マルチホーム
_(2)ドメイン内(有料メンバー)
_(3)ドメイン内(無料メンバー)
_(4)ドメイン外(ゲスト登録)
_(5)ドメイン外(ゲスト以外)
___◯:リスト、マルチホーム(※チーム内のみ)、メッセージ(※チーム外も?)、マイタスクルール(※期日の接近とセクション移動のみ)、マイタスクセクション
___✕:タイムライン、開始日、依存関係、ゴール、SAML

@Ka_Nishiyama さん、ご投稿ありがとうございます。

一つの表には表にまとめるには複雑すぎるため、Asanaのヘルプでも複数のページにバラバラと情報がありますね。

  • チームやプロジェクトの公開、非公開、承認制、
  • 個別に割り当てられている権限(管理者、編集可能、コメント可能)
    などによって場合分けも多くなります。

チームBのプロジェクトCでタイムラインが見られるのは、西山さんがEnterpriseディビジョンのメンバーだからだと思います。
チームBやプロジェクトCのメンバーで、ディビジョンに入っていないメンバーは、Basicユーザーであり、プロジェクトCでタイムライン機能を利用できないのではないでしょうか。

最近、気になってるのですが、詳細が不明です。何か情報有りませんか?

ユーザーを、メンバー(契約ライセンスを消費)ではないけれど、タスクに割当てることが出来ます。

今の処、分かっていることは、
・タスクの担当者に出来る
・タスクのコラボレーターに出来る
・管理者コンソールには表示されない
・メンバーではない(契約ライセンスを消費しない)
・プロジェクト上のタスクで担当者やコラボレーターとして表示される
・検索で、担当者、コラボレーターとして探せる

このまま、使うとしても、どの様に使うか資料が欲しいです。
うまく使えば、契約ライセンスを減らせるのかなとも思ったり。

追記、一部の答えを教えてもらいました。
プロジェクトの権限 – Asana Help Center

ゲストについて参考に

1 Like