新機能!Asana のタスクで時間を記録しよう ⏱

Asana コミュニティの皆さん、こんにちは!

今日は Asana にネイティブなタイムトラッキング機能が追加されたことをお知らせいたします。この新機能を使えば、タスクに費やす推定時間と実際にかかった時間を記録できます。この時間データを活用することで、リソース管理に関する戦略的な意思決定をサポートし、プロジェクトの進捗をリアルタイムでより正確に予測し、予算編成と予測に不可欠な情報を提供します。

お客様にできるだけ効率的にご提供できるよう、タイムトラッキング機能は 3 段階に分けて展開される予定です。今後数か月間にわたって、お客様の Asana ドメインに新機能が登場します。

今週リリースされたばかりの機能により、プロジェクトの「カスタマイズ」メニューからタイムトラッキング機能を有効にできるようになりました。この機能を有効にすると、プロジェクト内のすべてのタスクに「推定時間」と「実際の時間」のグローバルカスタムフィールドが表示されるようになります。推定時間のフィールドには、その作業に費やす予定の時間を入力し、実際の時間のフィールドには、その作業に費やした実際の時間を入力します。このリリース第一弾では、タスクの「実際の時間」にタイムエントリを手動で追加できます。フィールドをクリックして、記録したい時間や日付を入力し、保存してください。

タイムトラッキングを追加04@2x


この時間データは、レポートやダッシュボードで利用できます。このデータを使って、見積もり時間と実際の時間の値を比較するチャートを作成し、プロジェクトの進捗をリアルタイムに把握することができます。また、推定時間をワークロードに組み込むことで、キャパシティ計画を細かく管理し、リソースの割り当てを効果的に行うことができます。


12月には、組み込み型のストップウォッチを展開する予定です。実際の時間を手動で記録するだけでなく、ストップウォッチを使って、作業中に自動的にタスクにタイムエントリを追加できるようになります。タイマーを使って記録されたセッションは、すべてタスクウィンドウに表示されます。誤ってタイマーを作動させたままにしてしまっても、保存後に戻ってセッションを編集できるので、心配はいりません。このリリースでは、マイタスク内でタイムトラッキング機能を有効にすることもでき、プロジェクトに関係なく、自分に割り当てられたタスクにタイムトラッキングのフィールドを設置できるようになります。


2023年の初めには、最終的な展開として、サブタスクのタイムトラッキングをまとめる機能を追加する予定です。これにより、サブタスクで記録された時間が自動的に親タスクに集計されるようになります。ただし、この機能は一層のサブタスクのみに有効です。サブタスクのサブタスクやそれ以上に深いサブタスクで記録された時間は集計されません。さらに、Asana に時間データをインポートおよびエクスポートしたり、テンプレートで推定時間を利用したりできるようになるため、ワークフローを繰り返し設定することが簡単になります。

今回のアップデートを気に入っていただければうれしいです!タイムトラッキングは、コミュニティから待ち望まれていた機能です。この機能を活用することで、チームの働き方がどのように改善されるのか、今からとても楽しみです。

4 Likes

asanaで予実管理ができるようになって嬉しいです!
とはいえ、現実的には入力の手間が増えるということでもあり、導入するか迷っております。

以下の点が気になっております。
・ポートフォリオにどのように反映されるのか?
・今まで「時間」を使って工数管理していたが、それとの違いは?

「今後3段階に分けて展開される」とのことですので追いかけていきたいと思います!

このカスタムフィールドの単位は、分でしょうか?時間でしょうか?
個人的には、分の方が管理しやすいです。
ユーザーで単位を選べると良いなと思いました。

現時点での、弊社環境での確認結果です。
ご参考に。

<推定時間>※予定の方
プルダウンでは、00分,30分,45分,1時間,1時間30分,2時間,2時間30分から選択
直接入力だと
0~59→表示:0~59分
60→1時間
100→1時間00分
101→1時間01分
500→5時間
570→6時間10分 ※5時間と70分と扱われて計算されるみたいです。
と3桁目から時間になるという動きです。
ちょっと直接入力は、いまいちな挙動なので
エスカレーションさせてもらってます。

ちなみに、CSVエクスポートすると全て"分"の数字情報で入ってます。
(1時間は60、5時間は300となってます。)

ポートフォリオ/ワークロードは、「xx時間xx分」で積み上げられてますので
今までのカスタムフィールドで作成した時間(数字)の管理と同じかなと思います。

<実際の時間> ※実績の方
プルダウンも入力も推定時間と同じ挙動。
ただし、日付も選択できるので、複数の登録が可能。

こちらはまだポートフォリオやエクスポートには対応していないので
そのあたりはどのように実装されるのか、サポートされるのかって感じです。

1 Like