プロジェクト内で@メンションした際のユーザー候補について

こんにちは。
プロジェクトメンバー以外非公開のプロジェクトに組織外メンバーを招待しての運用を検討しているのですが、当該プロジェクト内で@メンションする際に、プロジェクトへ招待していない組織内メンバーが表示されてしまいます。
これですと、プロジェクトに関係ないメンバーに誤って機密情報を送信する可能性があり、社外メンバーとのプロジェクト管理に使えず困っているのですが、何か対処方法はありますでしょうか?
英語版のコミュニティーにも同様の問い合わせ(以下参照)を見つけましたが、未解決のようでしたので質問させていただきました。

2 Likes

こんにちは。
社外の方とのコラボレーションにまでAsanaを適用しようとして下さり誠にありがとうございます!
そして英語のフォーラムまでご覧いただき、感謝申し上げます。

共有権限がない組織内のメンバーに対しても、状況に寄っては一部のタスクはコラボレーションを伴うことがあることを前提としているため、原則@メンションは出来るようになっており、一方で、誤って追加してしまった場合は、消せば即座にアクセス権を全て消せる、という設計となっております。

具体的に関連の仕様を説明しますと・・

  • 非公開プロジェクトに、共有権限がない組織内のメンバーに@メンションされた場合、コラボレーターとして追加されます。が、プロジェクト上の他のタスクは一切共有されない。
  • マイタスク上では、「プロジェクト無し」という状態となり、何のプロジェクト上でのタスクかもわからない。
  • 誤った操作により、追加してしまった場合でも、そのメンバーをコラボレーターから外すと、即座にアクセス権が無くなり、マイタスク・受信トレイにも一切表示されなくなる。
  • たとえ誤った操作をしたタイミングですぐにタスクが開かれて閲覧されたとしても、コラボレーターから削除すると、「このタスクのアクセス権が必要なようです。オーナーにリクエストを送りますか?」という画面が表示され、閲覧できなくなる。
  • 組織外メンバーは他の組織外メンバーを閲覧することもできない(@メンションの推奨にもでてこない)

これに対して、「非公開プロジェクトの場合、メンバー以外には @メンション、タスクの割り当てをできない(サジェスチョンも出てこない) 」というのは、残念ながら今の機能上は出来ません・・・。

このご要望はまだ数が上がってきていませんでしたので、プロダクトチームの検討材料にさせていただきたく、どのような部署・プロジェクトで、どのような外部メンバーさんとのご利用かお聞かせいただけますと幸いです!
(公開の場ですので抽象化していただけたらと・・ :bowing_man:

1 Like

こんにちは。
具体的な仕様まで教えていただき有り難うございました。
私の場合、コンサルティング業務でお客様先に入り込んでいるのですが、あるプロジェクトでお客様先の複数部署を巻き込んでプロジェクト管理する必要があり、弊社側で作った非公開プロジェクトに別ドメインのお客様を招待して運用出来ないか考えておりました。
同じ組織ドメインに既に多数のユーザー登録がある場合、いくら会社内と言ってもプロジェクトに全く関係ない部門のメンバーにお客様の情報が漏れてしまうのはよろしくないと考えていた次第です。

1 Like

ありがとうございます!
正確に理解出来ました。こちらご要望としてアップし開発のチームと共有させていただきます。
今のところの回避策としては、料金が別途かかってしまうので役に立つかわからないのですが、お客様のプロジェクトごとに別のワークスペースを新規作成いただくのが良いかと思います。
組織とは完全に別のインスタンスにすることで、進行中のお客様とのやりとりのみが表示できますし、「管理者コンソール」がより手軽にお使いいただけるので、プロジェクトが終了したら、お客様に退出していただき、@メンションでもサジェスチョンに出てこないようにすることが出来ます。

この情報が少しでもお役に立てば幸いです。