有料プランのチームで利用しているライセンスは、他の有料プランのチームで使えない?

こちらの記事を参考にさせて頂きつつ、備忘も含めてあえて質問します!
(有料プランのチームが既にある状態からの、有料チーム増のケース)

(前提条件)

  • 「組織」で利用中(無料の組織)
  • 「チーム」が3つ
    サンプルチームX(有料プラン5ライセンス契約済):Aさん・Bさん・Cさんの3名で利用中(2ライセンス余り)
    サンプルチームY(無料プラン):Dさん・Eさん
    サンプルチームZ(無料プラン):Fさん・Gさん

上記の状態で、
サンプルチームYを有料プランへアップグレードしようとする場合、サンプルチームXで余っている2ライセンスを利用することはできない、という認識であってますでしょうか?
また、その場合、サンプルチームY用に別途2ライセンスを契約する必要がある、という認識であってますでしょうか?(組織として見た場合は、合計7ライセンスの契約がある状態になる)

1 Like

(正確には、Asanaからのコメントによりますが)
・組織は、ドメインで識別されます。
・ユーザーは、メールアドレスで識別されます。
・チームは、ユーザーをメンバー登録します。

現在、チームXが5ライセンスで契約してるなら、チームYを有料にした時点で、合計5ライセンスの組織となります。チームXとチームYが1つの契約組織に属することになります。
チームZも有料化したら、合計7ライセンスの組織契約になります。

この辺を確認してみます。
Asana の有料プランとユーザーごとの料金 • Asana 製品ガイド

2 Likes

@Tomohiro_Oka さん
下のリンクが回答になると思います。
7ライセンスが必要になるかと。

4 Likes

@Tomohiro_Oka さん、ご質問ありがとうございます! :raised_hands:
@Ka_Nishiyama さんと @Tetsuo_Kawakami さんが回答してくださっていますが、残念ながらサンプルチームプランで契約されている場合、チームXで余ったライセンスを他のチームに適用することができません。そのため、サンプルチームYが新たに有料プランへアップグレードする際は、別途ライセンスを契約いただく必要があります。

チームプランではなく、組織プランにしていただくと、ドメイン全体に適用されるため、余ったライセンスを組織間で分け合うことができます。一方で、同じドメインの方は全て有料プランになってしまうため、管理も必要になりますね。

1 Like

@Tomohiro_Oka さん

ディビジョンを導入すれば、有料ディビジョンに属するチーム間でライセンスの融通ができますね。
ディビジョンを導入するための条件については、知らないのでAsanaに問い合わせいただければと思います。

Zチームは有料ディビジョンには属さないようにすれば、無料のチームと有料のチームを組織に混在させることができます。
ただ、 有料ディビジョン内のチーム間でライセンス数を管理する必要があります。チーム間でそういった仕組みを作れるかが課題です。

ディビジョンは複数作れるので、プレミアム用、ビジネス用、エンタープライズ用と有料プランごとに分けることで、チームごとに希望するプランを選択できるようになります。
注意点としては、上位プランのディビジョンに属していても、下位プランのディビジョンのプロジェクトのメンバーになると、上位+下位の2つのライセンスが必要になることです。

個人間のタスクのやり取りは、ライセンスは1つで済みます。
他のディビジョンのプロジェクトのメンバーにはならず、プロジェクトにあるタスクのみ、担当になる場合は、どうだったか聞いた記憶があるのですが、忘れてしまいました。

1 Like

@Ka_Nishiyama さん @Tetsuo_Kawakami さん @Nao_Kumazaki さん
皆さま、ご回答いただきましてありがとうございます!

実は答えは知っていたのですが、Forumの知見になればと思い投稿させていただきました!

@Tetsuo_Kawakami さんの、有料プランごとでディビジョンを分けるアイデア、大変参考になりました。
ありがとうございます!

3 Likes