共有資源という設定が有りますか?

共有化されてる資源をタスクに割り当てるという様な機能が有りますか?

例として、特殊な機械とか設備とか。実験装置みたいなイメージです。

Asanaの機能として「共有化資源にタスクを割り当てる」という特別機能はありませんが、運用の工夫によってそれを実現しているという例を海外の事例で聞いたことがあります。

  • gmailで共有化資源のメールアドレスをひとつ作成(例:shared.equipments.xxx @ gmail.com
  • gmailの場合、アドレスの@の左側に" +AAA" や "+BBB"などを付けるとエイリアス(別名メールアドレス)として運用できるので、これを使って、資源ごとにエイリアスリストを作成
    例:
    ・資源A shared.equipments.xxx+A @ gmail.com
    ・資源B shared.equipments.xxx+B @ gmail.com
    ・資源C shared.equipments.xxx+C @ gmail.com
  • これらメールアドレスをAsanaのゲストとしてそれぞれ招待するとAsana側では別のメールアドレス(個別のアカウント)として処理されるので、それぞれに資源名を割当てて、画像を登録。
    これでAsanaのタスク割当の時に資源名をアサインできるようになります

何かのタスクに共有化資源を利用するときにタスクの開始〜終了期間を入力するという決まりにしておけば、タイムライン(Premium以上のプラン)などで利用状況の可視化ができたり、ポートフォリオ(Business以上のプラン)で共有化資源の利用状況確認なども可能となります。

※自動的にリンクがつくので文中の @ には前後に隙間を開けましたが、実際には隙間はありません

5 Likes

Kenichi様
アドバイスありがとうございます。

ニーズが少ないから、実装されてないのでしょうね。(他の考えが有る?)

個人的には、標準機能にして欲しいです。(他のマネジメントシステムだと、標準(基本)な気がするのですが)

1 Like

Asanaの中の人方に聞いてみないと真意はわかりませんが、そもそものAsanaの製品コンセプトが「資源の管理」ではなくて「個人のタスク管理とコラボレーションの調整」にあるからかではないかと想像します。

また、「ふつう標準実装されてるよね?」という機能がない、というのは探すといろいろ出てくると思います。それがAsanaの個性にもなってるのかなと思います。

たとえば「優先順位ラベル」がない(セクションを利用するか、Plemium以上のカスタムフィールドで設置する)というのは、個人的には衝撃というか、目からウロコな感覚でした。

1 Like