Wrikeからのプロジェクト移設方法に関して

同じチームなのに、Asana管理しているチームとWrike管理しているチームが存在しています。
タスクの透明性を担保するためにもWrikeで運用しているプロジェクトをAsanaにうまくインポートしたいのですが、下記ケースがあり、どうやるのがスマートなのかを考えている最中です。

  • 1つのタスクに複数の人がアサインされている
  • Wrikeのディレクトリ?をプロジェクトとしてインポートしたいが、可能かのか

タイムラインやワークロードの見え方の差異は仕方ないと思いますが、アサイン方法等うまくやりくりすればインポートできる!と考えデータ移動を遂行している最中です。
1点目だけでもうまく回避する手段をご紹介いただけると幸いです。

※現状、アウトポートしたときに担当者が複数名アサインタスクに関してはデータを複製し、複数タスクに対してそれぞれ1人担当者がいる風なデータに変換してからインポートできないかなと考えております。

1 Like

手元の情報がまだ出揃っていないですが、ココを参照してみていたりします。

1 Like

こんにちは!移行のペインをシェアしていただきありがとうございます!
まずは移行の手順でもう少しだけ詳しいページがるので、シェアしますね。

Asanaは 責任の所在を明確にするため にアサインは1名にしています。
複数割り当てが必要な場合、以下のパターンがあるかと思います。

  1. コラボレーター(以前はフォロワー)として追加する
  2. タスクを複製しそれぞれにアサインする

インポートをされる場合も、これに合わせるために CSVデータを

  1. –> 2人目の担当者の列を、コラボレーターの列として割り当てる
  2. –>複数割り当てはタスク行を追加し、2つのタスクが存在する状態にする

のいずれかになるかと思います。この手順でいかがでしょうか?

3 Likes

@Tomo_Aoki1 さん
アドバイスありがとうございます。

ご提示いただいたページも拝見していたのですが、Wrike出力のCSVをそのままインポートしてテストしてみても、Wrikeで設定したタスクの期限やセクションのようなものの名称が異なっているため、CSV構造で見てもマッピングがすんなりいかなそうでした。
そのままインポートしてみたのですが、うまくマッピングされず、数千のタスクを手動で直すのも現実的ではないので、下記手法を試してみようかと考え中です。

  • Wrike出力をExcelで取得し、1シート目を切り出してCSVにする
  • CSVの複数担当タスクを複製し、タスク名に番号振るとかしつつ、アサインは1名にする
  • Asanaのタスクベースの項目にマッピングできるようデータを整形する
  • 上記にマッチしないカラムをカスタムフィールドとしてマッピング定義する
  • CSVをAsanaに取り込みやすい形式にする
  • インポートする
  • 複数担当タスクのIDを抜き出してどうなったか調査

ただ、件数を考えるとスクリプト等で対処したいこともあり、スプレッドシートなどをかませてうまくできないかを思案しているところです。

この辺をうまくやっているツールなどあれば・・・と思いましたが、今のところ見当たらないのと、私自身がWrikeにそこまで詳しくないため、もう少し勉強しつつ引き続きTryしていくつもりです。

おお!素晴らしいですね。
一応最後の補足として(すでにご存知かもですが、、)マッピングは以下の「変更を加える」ボタンから、各カラムの定義を変更出来ます。


詳細記述はこちら -> データのマッピングを変更する

スクリプトで実行される方法も興味あります。何かつまづかれたらコメントください!

1 Like

細かい部分で差分が出てしまうかもしれないのと、ツールを使うため、ご希望に添えるか自信が無いですが、zapierを使って連携させる方法もあります。

CSVと比較すると作業の自動化か、連携の正確さか、天秤に掛けることになりそうですが、ご参考になれば幸いです。

1 Like