行番号を使って会議の効率をアップする方法

投稿者: @Rosario_Messina

元の英語での投稿はこちら: More effective meetings with row numbers


会議中、画面上のあるタスクについて話したいのに、タスク名が長すぎて、出席者にどのタスクの話をしているのかなかなか伝わらず、苦労したことはありませんか?

例えば「4 番のタスクによれば…」などと話すことができれば、そんな苦労はありません。

実は、これができるのです。Asana にはあまり知られていない「タスクの行番号を表示」というオプションがあり、ほんの数クリックで、あなたもこの悩みから解放されます。

アクティブなタスクの行番号

オンライン会議が主流となった現在、効率的なコミュニケーションは、今まで以上に有意義な会議の重要なカギを握っています。行番号はシンプルではあっても、その効果は絶大です。行番号を有効にしてみてください。すぐにあなたも周囲に勧めるようになるはずです。

皆さんの参考になれば幸いです :wink:

ではまた。
Rosario

1 Like