slackへの通知を登録時と完了時のみにしたい

Slackとの連携は完了済みです。
通知が多過ぎる為、asanaでタスクの登録時とステータスを完了にした時のみ、slackに通知されるようにする方法はないでしょうか?

1 Like

こんにちは。Asana のカスタマーサクセスマネージャーをしている青木と申します。
二重通知になると鬱陶しくなりますよね。

Slackでは Asana App による、個人の通知が飛んでくるものと、/asana link コマンドによるプロジェクトの連携がございますが、

個人通知は、Asanaの「受信トレイ」で、自分に関係無いタスクを離脱(コラボレーターから外す)したり、プロジェクトの通知設定で、「タスク追加」されただけで飛んでくる設定を外すと、関係あるものしか飛んで来なくなりますので、そこで最適化していただくことをお勧めします。

そしてプロジェクト連携の方は、残念ながら通知を絞る設定はありません。
この連携は、チームで Asana をご覧になられない方がいる場合に、Slackを持っていれば通知を同期出来る、という用途が適しています。

以下はあくまで他のユーザーさんでのケースの紹介ですが
ツールのすみわけを有効にされている企業の多くは、通知をどちらか一方に絞るということを徹底されているようです。

タスクの遅れや、今日何をしなければならなかったのか、を知る必要がなく会話レベルのアクションだけを仕事で追いかける人(特に役員など、他の社員さんが情報をまとめてくれる立場の方)は、誰かから会話がキックされたり、完了されたりという受動的なアクションが仕事の多くを占めるので、この連携で、Slack上で通知を受け取り、逆にAsanaを週に2回程度しか開かないようです。

そして、それ以外の方は、Asana上で、タスクを視認、整理、変更などの能動的なアクションが発生するため、通知をAsanaの受信トレイで確認しているようです。 通知の範囲や、通知の離脱などもワンアクションでできるので、こちらの方が最適化出来るため、Slackと二重通知が起こりません。

参考になれば幸いです。

ご返信ありがとうございます。

個人通知は、Asanaの「受信トレイ」で、自分に関係無いタスクを離脱(コラボレーターから外す)したり、プロジェクトの通知設定で、「タスク追加」されただけで飛んでくる設定を外すと、関係あるものしか飛んで来なくなりますので、そこで最適化していただくことをお勧めします。

こちらの設定の仕方を詳しくお教えいただけないでしょうか?

目的は以下2つの時だけ通知が来るようにすることです。

①自分が担当のタスクが登録された時
②自分が依頼したタスクが完了された時

よろしくお願いいたします。